違いを知る | 大口融資で低金利で借りられる魅力的な不動産担保ローン

大口融資で低金利で借りられる魅力的な不動産担保ローン

違いを知る

銀行と消費者金融の違い

カードローンは、消費者金融や銀行で取り扱っている商品になります。では、消費者金融と銀行ではどのような違いがあるのかというと、審査スピードでいえば消費者金融のカードローンになります。独自のスコアリングシステム自動与信判断があるため審査結果も最短で30分から40分程度で結果がでます。即日融資も可能です。銀行は慎重審査のため消費者金融と比べるとスピードは遅いのですが、低金利で利用できます。消費者金融は金利が高めに設定されています。限度額の大きさでいえば、銀行系のカードローンのほうが大きいです。消費者金融のカードローンは総量規制があるために年収の3分の1以下まで最大で借り入れできる限度額が制限されています。

金利を低くすることについて

カードローンを利用してれば、返済のときに元金に加えて利息を付けた金額を返済しています。利息の支払金額は金利によって決まってきます。金利が低ければ、それだけ支払う利息の金額を少なくすることができます。では、カードローン会社に利息を下げてくださいとお願いしても素直に引き下げてくれることはないです。それは、限度額と金利が連動しているからです。限度額が大きくなるにつれて金利も低くなってくるからです。限度額の増額をするには返済実績をつくることです。返済日には遅れずに請求金額以上の返済をコツコツと続けていくことで限度額を増やすことができるようになり、金利も引き下げてもらうことができます。枠だけ広げて低い金利の利用もできます。